自律走行ロボット「SUPPOT」

なぜ新規事業へ挑戦するのか

自動車部品専門メーカーとして築いた技術力・開発力を注ぎ込み、ボールジョイント、ダンパーと異なる新規製品の研究・開発を進めています。
コンセプトは「人の役に立つこと」。今までのジャンルや分野にとらわれず、まったく新しい発想で社会の役に立つモノづくりを模索しています。

背景

ボールジョイント技術を活かした『「どこでも車いす」』の開発を2013年に開始しました。しかし、安全を担保した品質保証が難しいという理由から開発・商品化を先送りしました。
その後、人工筋肉(2015年)、アクチュエーター(2014~15年)、リハビリ用品(2014~18年)などの開発を行いましたが、どれも事業化には至りませんでした。
そこで、「以前開発した電動車いすで得た技術をサービスロボット分野に活かせないか」と考え、技術を機能に分解し、それら機能に対するニーズ探索を2016年から開始しました。

ソミック石川の強みを生かした挑戦

調査すると、ソミック石川の持つノウハウとアイディアを詰め込んだ“走破性の高さ”にニーズがあることが分かりました。将来的な労働力不足を補うために、今後はロボットのニーズが高まることも予測されています。走破性と汎用性の高いロボット用プラットフォーム開発に取り組むことで、ソミック石川の企業理念でもある「世の中の役に立つ」ことができるのではないかと考えました。

SUPPOT開発に至った経緯

移動型ロボットについての市場調査で見えてきたのは、車いすと同様、しっかりとしたサスペンション機構を持っているロボットが少ないということ。不整地はもちろんのこと、日常に存在するそれほど大きくない段差でも障害となってしまうロボットが多いのが現状です。不整地向けに走破性を高めたクローラータイプの移動型ロボットには、舗装路では走行効率が悪いというデメリットがあります。「不整地と舗装路をシームレスに走行できる高走破性を持つタイヤタイプをつくろう」そう決めました。
そして完成したのは、最大積載量200kgで資材などの重量物運搬にも十分対応可能、また旋回時に路面を荒らしにくいタイヤタイプの車両。「どこでも車いす」開発で培った技術を最大限に生かしています。屋外・不整地での物資運搬、危険が伴う場所や人間が入れない場所の災害調査、農地での自動パトロールなど、走破性の高いこの自律走行ロボットには想定できるだけでもたくさんの可能性があります。

SUPPOTの現在とこれから

現在は産官学の共同研究体制を取っています。走行制御については大学と、現場ニーズ確認・走行トライについては静岡県と開発を実施、各現場で走行トライを重ね、製品化を目指しています。また、テストマーケティングの形で農業、建設の分野を中心にサービスを提供しており、現場目線を取り入れつつ製品のブラッシュアップを進めています。

SUPPOTは現在テストマーケティングの形でサービス提供を行っています

SMHDでは、2021年12月に商品化を目処に開発を進めています。現在はお客様のご予算と用途に合ったご提案を行っております。
テスト走行は無料です。まずはお電話やzoom等のオンライン会議ツールにて、貴社の課題・ニーズのヒアリングをさせていただいた後、御社の現場でテスト走行させて頂きます。ぜひ一度SUPPOTの導入可能性をご確認ください。

お問い合わせはSUPPOTサイトから(平日朝9:00~夕方17:00まで)