SMHD事業

グループの中核として全体を統括するとともに
新規事業にて新しい価値を創造していきます

ソミックマネージメントホールディングスは、2018年7月にソミック石川他グループ会社を統括するために設立された事業統括会社です。
自動車業界の大変革期に、事業領域・製品の新たな可能性に挑戦していくため、グループ全体の最適化を見据えて業務を行っています。

自律走行ロボット「SUPPOT」を開発。商品化に向けた市場実証実験を実施。

自動車の足回り部品を70年以上支えてきたソミック石川が持つ技術力やノウハウ、アイデアを詰め込んだ新商品の開発を長年にわたり模索してきました。2017年に開発を開始した自律走行ロボット「SUPPOT(サポット)」は最大200kgまで積載可能で、悪路や傾斜を難なく走行できる走破性を強みにしています。リモコンでの遠隔操作や作業者への追従が可能で、車両が入れない斜面や小道で活躍することができます。現在は商品化を目指し、重筋作業で困ぱいしている農業や建設などの分野でテストマーケティングを実施中です。

READ MORE

AI技術を活用した外観自動検査をAI総合研究所「NABLAS(株)」と共同開発。

目視による製品検査工程に着目し、AI技術を活用した外観自動検査の導入を進めています。AIの導入で、オペレーターの負担低減・業務効率化を実現することで、より“人間らしい仕事”へ注力できる環境を実現。「人とAI」をつなぎ「人とAIの好循環」を現場に生み出していきます。

高感度センサー技術を活用した製造設備・製品の故障予知システムを共同開発。

最先端の高感度技術と応用製品(ロボセンサー®)を活用し、製造設備や製品を常時計測・監視し、特性変化を解析することで、故障を予知するシステムの開発と導入を進めています。これにより「ゼロダウンタイム」の実現を目標としています。